本文へスキップ

最適なマンション管理実現の目指して活動中です! 

港区「マンション省エネセミナー」へ協力

投稿日:2013年07月28日

東京都港区が主催する第1回「マンション省エネセミナー」(7月27日:港区エコプラザ)にてコーディネーターを務めました。このセミナーはマンションの管理組合が地球温暖化防止のため行う共用部分の省エネ対策を支援するための企画で、首都圏マンション管理士会都心区支部が全面的にバックアップして開催したものです。第1回目はマンションの「建築」分野の省エネに重点をおき、一級建築士澤田博一氏を講師に比較的簡単にできる日射調整フィルムの活用から屋上防水工事での遮熱塗料塗装やサッシや玄関ドアなど開口部工事、屋上緑化による自然を利用したCO2削減策など管理組合が大規模修繕工事として大がかりに取り組みするものまで、紹介しています。会場では参加者からは工事に関する具体的な質問が多数寄せられ、省エネへの関心の高さが感じられました。(第2回は8月31日(日)14時から港区エコプラザにて)

★省エネのテキストは同じく港区が作成し、首都圏マンション管理士会が監修する「マンション省エネガイドブック」などを参考にしています。

 

MLCPフォーラムVol.2開催しました。

投稿日:2013年07月28日

マンションライフ継続支援協会にボランティアとして参加しています。7月20日には「あなたの常識は間違っている?!もっと知りたいマンション耐震」と題した2回目のフォーラムが東京(二子玉川ライズ)でありました。講演は元国土交通省大臣官房小川審議官による「マンション耐震化の課題とMLCPの意義」や東京都都市整備局住宅政策推進部マンション課栗原課長補佐による東京都の耐震化支援策のほか、今井一級建築士による長期修繕計画と耐震化の同時実施での成功事例、藤野マンション管理士による耐震化推進のためのコミュニティ活動など。その後に耐震に関する専門家によるパネル                           ディスカッションが行われました。このパネルディスカッションでは工学院大学の宮村教授より過去の地震災害の分析についてのほか、簡易な耐震補強工事について東急電鉄の住宅ソリューション事業部寿乃田主査より興味深い発言がありました。耐震補強工事と言うと億単位の工事費用がかかるのが当たり前と言われる中で、費用をかけないでも耐震補強工事ができることが紹介され耐震補強問題で行き詰る管理組合に一筋の光明になるのではないかと考えさせられました。

★マンションライフ継続支援協会(MALCA)とはマンションの災害時に自立的に対応するための中間支援を行う団体です。残念ながらマンションにおいて災害時対応計画が必要と言われながらも出遅れている状況において、いつ災害が発生しても対応できるよう、引き続きMALCAを積極的に支援していきたいと考えています。これは私のマンション管理士独立宣言の目指す方向の一つでもあります。

 

マンション管理士として独立宣言。【より高度な実践を目指して…】

投稿日:2013年07月15日

これまでボランティアの「マンション管理研究会」としてマンション管理士活動を行ってきました。本来の業務があるため、活動に様々な制約がありましたが、2013年7月12日をもって、この態勢に終止符を打ち、これからは「マンション管理士」として、マンション管理に関わる諸問題に取り組みしていくことになりました。言わば、この日は独立記念日でもあります。管理組合の運営、管理会社に関連する諸問題、マンションにおける防災対応など管理組合目線で、従来よりも深く高度に幅広く取り組みしていく所存です。そして徹底した管理組合目線のマンション管理組合活動を通して「日本を変える!」というモットーを実現していきたいと考えております、引き続きよろしくお願いいたします。

★環境の変化とプレッシャーを感じますが、「求められる」世界へ引き寄せられた結果であり、保有する専門性により少しでも管理組合の皆さまと、社会に貢献できることを目指します。連絡先には変更はありません。従来、日中の連絡が取りづらくご不便をおかけしておりましたが、携帯は常時連絡可能となりました。またインターネット環境も改善に向けて準備を行っております。【携帯電話:090-7188-1015】

港区マンション省エネガイドブックを監修

投稿日:2013年07月06日

東京都港区が地球温暖化と資源エネルギー削減のために発行する「マンション省エネガイドブック」の執筆と監修を首都圏マンション管理士会都心区支部として協力しました。これはマンションの共用部分における省エネ対策をマンション管理組合向けにわかりやすく解説したもので、LED照明など一般的な省エネ策から、エレベータ更新工事や屋上防水工事、給水設備工事など大規模修繕工事による省エネ策、さらに次世代の省エネ「スマートマンション」まで広範囲に網羅し紹介しています。また行政からの助成制度の一覧を関連情報として収録していますので、これから省エネ対策をする管理組合には役立つものとと思います。自治体でマンション共用部分の省エネのためのガイドブック作成するところはあまり例がなく、マンション化率の高い港区ならではの取り組みです。省エネガイドブックは港区内の管理組合向けに配布されていますが、港区のホームページからダウンロードできるので、関心がある方はご参照ください。

港区ホームページ:http://www.city.minato.tokyo.jp/chikyukankyou/syugojyutakusyouene.html

 

 

★通常のマンション管理士活動では「省エネ」にここまで特化することはないのですが、「省エネ」をキーワードに今回はかなり突っ込んだ省エネ対策まで踏み込んでまとめました。原稿締め切りに朝晩追われ、結構たいへん(ホンネ)でした。以上余談でした・・・。

マンション管理アドバイザーについて

投稿日:2013年06月29日

「マンション管理アドバイザー制度」とは東京都で定める基本方針の趣旨を受け、公益財団法人東京都防災・建築まちづくりセンターが実施している管理組合や区分所有者へマンション維持管理に関する必要な情報提供およびアドバイスを行う制度です。このアドバイザーは、マンション管理のエキスパートとして位置づけられ、東京都が推奨するマンション管理士、一級建築士から選考され東京都全体で27名が登録されています。このアドバイザーに今年度より採用され現在活動を行っています。

マンション生活継続計画(MLCP)フォーラム

投稿日:2013年06月29日

マンションライフ継続支援協会にボランティアとして参加しています。3月31日には「マンション防災と災害列島の生き方を考える」と題したフォーラムが東京(日比谷図書文化館)でありました。講演は内閣府渋谷審議官による「都市防災に欠かせないマンションの災害時自立」や東京海洋大学の刑部教授による「エネルギーとマンションコミュニテイ」のほか、専門家によるパネル                                  ディスカッションが行われ、満席の会場には熱心な声が広がっていました。

★マンションライフ継続支援協会(MALCA)とはマンションの災害時に自立的に対応するための支援を行う団体です。企業ではBCP(事業継続計画)が一般化していますが、マンションにおいての災害時対応計画が必要と言われながらも出遅れている状況です。こうしたマンションを支援する組織がMALCAです。いつ災害が発生しても対応できるように、ひとりのマンション管理士としてMALCAに積極的に貢献していきたいと考えています。

千代田区「マンション管理セミナー」での講演

投稿日:2013年03月30日

3月30日、千代田区と財団法人まちみらい千代田主催のマンション管理セミナーにて「マンション防災アドバイザーを活用しよう」というテーマで講演を行いました。これは首都直下型地震が想定される中で、「なぜ今防災マニュアルが必要なのか」、「有事の際の防災マニュアルの活用法」そして、千代田区がマニュアルを作成する際のアドバイスを行う「防災アドバイザー」の活用法など、管理組合の役員向けの防災啓発のための講座です。講師は私と中川マンション管理士が共同し、ともに千代田区防災アドバイザーとして現在の最新情報を提供してきました。この中で強調したのは、首都直下型地震を想定し、管理組合オリジナルの行動マニュアルを作らないと実際の場面で十分な対応ができないこと、そのためにはマンション固有の事情を把握し、具体的にマニュアルに盛り込んでいくということです。そして防災マニュアル作成のポイントは①その時どうしたらよいかをできる限り想定しておくこと、②一般論ではなく、具体的な手順があること、③定期的に更新すること、④とっさの場合でもすぐに取り出せる場所に保管することなどです。30年以内に70%の確率で発生すると言われる首都直下型地震に対しては問                                          題の先送りではなく、発生することを前提に考えていくことが重要です。

★防災アドバイザーとは千代田区が管理組合で「マンション防災マニュアル」作成のアドバイスするために設けた独自の制度です。対象はマンション管理と防災に関する専門知識を有するマンション管理士が登録されています。千代田区以外の区でも「マンション防災マニュアル」はマンションの防災計画の中核となるものですので、一度検討してみるのもよいことだと思います。

大規模修繕工事とマンション維持修繕技術者資格

投稿日:2013年03月01日

マンション管理士として「マンション維持修繕技術者資格」を取得しました。これは高層住宅管理業協会が、マンションの大規模修繕工事や設備の維持保全(メンテナンス)に関して一定水準以上の技術・専門知識を有する者として資格を認定するものです。マンションの大規模修繕工事と一口に言ってもコンクリート・屋上防水・断熱・タイルなどの外壁周りから、給排水設備・エレベータ・ポンプなど電気設備系や防災・防犯設備、建物診断業務・長期修繕計画作成業務に至るまで、実に広範な分野にわたるものです。因みにテキストは800ページを超える膨大な専門知識の集積ですが、いずれもマンションの大規模修繕工事を進めるうえで必要な知識ばかりです。マンションのホームドクターでもあるマンション管理士はこうした技術系の専門知識とともに、区分所有法など関連法令や組合員の合意形成に関する知識やノウハウを駆使しながら大規模修繕工事のコーディネイトを行います。

★どうしても慣れない大規模修繕工事に直面して戸惑う理事さんもいらっしゃることでしょう。まだマンション管理士でこの資格を取得されている方は少ないようですが、大規模修繕でお困りのことや進め方等についての疑問点があればご相談ください。きっとお役に立てるものと思います。

出張セミナー「管理会社リプレイスのすべて」

投稿日:2013年02月23日

ある管理組合理事会から管理会社の変更(リプレイス)を理事会が自力でやりたいが、どのように進めればよいかわからなくて…という相談を受け、それならばリプレイスのノウハウを伝授しましょうと、「管理会社リプレイスのすべて」と題した理事会への出張セミナーを開催しました。

この組合では管理会社による協力工事会社への圧力があり、組合から直接依頼された大規模修繕工事の相見積もりが妨害されたり、フロントマンの問題先送り体質や非協力的対応など管理の質の問題を抱えていました。そこで、リプレイスの際には、まず、なぜリプレイスするのかを明確にして進めていくことをアドバイスしました。リプレイスを発議する理事会、正式に承認する臨時総会の議事録をきちんと記録に残すこと、これは総会の正当性を示すとても重要なことです。そのうえで候補選定の過程でなぜ、そこを選んだのか、根拠(理由)を明確にすること。これは総会の議案書を出すにあたって不可欠の事項だからです。加えて臨時総会に向けて理事会としてやっておかなければならないこと、現行の管理会社にどう対応していけばよいのか…などなど2時間余りにわたってリプレイスのノウハウをぎっしりと伝えることができ、最後に質疑で締めくくりました。

★リプレイス自体は慣れた者がやれば決して難しいものではありませんが、マンション管理士としてきちんと進める場合には、居住者向け説明会を含めると5~60時間も要する結構と手間がかかるものです。そんなたいへんなことでも適正な管理の実現のため、理事会で率先して取り組みしていこうという心意気には頭が下がります。今回のセミナーのノウハウを活かして大願成就できるよう祈ります。

消費生活アドバイザーとマンション管理士

投稿日:2013年02月07日

公的資格「消費生活アドバイザー」のこと、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、「消費生活アドバイザー」の役割は企業や行政(消費生活相談センターなど)での消費者相談のほか組織のなかで消費者が求めるニーズに応えていくための企業と社会と消費者の架け橋として豊かな生活を実現していくことにあります。昨今いろいろな悪徳商法が横行しています。またインターネットを使った詐欺まがいの商法も多々あります。こうした歪んだ社会の中で、常に消費者目線で複雑なトラブルの解決をサポートしたり、正しい知識を消費者に啓発していくことがその大きな役割です。

一方、「マンション管理士」は、と言うと、管理組合や区分所有者目線で、管理組合運営を支援し、よりよいマンションライフを実現させることを大きな役割としています。管理不全のマンションや一部の管理会社による放漫管理など昨今問題が生じています。こうした問題に対しても、管理組合目線に立ったマンション管理の専門家として関わることで解決をはかっていくというもの、「消費生活アドバイザー」と「マンション管理士」この二つの活動には重なる部分が多いことに気付かされます。どちらの資格も、そこに生活する方々を、それぞれの目線で支援するところに共通点があり、複雑な現代社会から強く求められているものと言えます。消費者と管理組合(区分所有者)をともにサポートすることを目指して、2013年2月、「消費生活アドバイザー」資格を取得いたしました。マンション管理運営相談、賃貸物件でのトラブル相談、その他さまざまな分野でそこに生活する方に貢献できるよう努めてまいります。

バナースペース

マンション管理研究会

TEL: 090-7188-1015
FAX: 03-3444-3204
e-mail: mankanken@kpa.biglobe.ne.jp